高校を卒業した人が、もう一度高校へ再入学する事は可能?

N高等学校の個別相談会に行ったらガチでネットな通信制高校だった : akiyan.com
2016年4月1日に開校したN高等学校についての記事で興味深い内容なのですが、一点だけ気になる部分があります。

ちなみに、すべての高等学校は、高卒資格を持っていない人のみが入学できる。34歳で高卒資格を持っていない僕は、逆に限定チケットを持っているのと同じことだ。新規サービスフリークの僕としては、このチケットは使わないと後悔すると思った。ただ高卒を取るだけではない、新しいネット高校への興味が勝(まさ)ったかたちだ。

この文中の、「すべての高等学校は、高卒資格を持っていない人のみが入学できる。」という部分です。同じように思っている人もいるかもしれませんが、基本的に高校は高卒資格や大卒資格を持っていても再入学する事が可能です*1文部科学省のサイトにある「高等学校入学資格 Q&A」でも以下のように答えています。


高等学校入学資格 Q&A:文部科学省

Q3 一度高等学校を卒業している場合には、他の高等学校に入学することはできないのでしょうか。

A3
 法令上、一度高等学校を卒業した者の再入学を禁止する規定はなく、一度高等学校を卒業したことをもって、高等学校入学資格が無くなるものではありません。例えば、高等学校の普通科を卒業した者が、工業学科等の他の学科に入学することが考えられます。
 また、単位制高等学校においては、校長の判断により、生徒が過去に在学した高等学校において修得した単位について、当該高等学校の全課程の修了を認めるに必要な単位数のうちに加えることができます。
 なお、各学校への入学が許可されるかどうかについては、調査書その他必要な書類、選抜のための学力検査の成績等を資料として行う入学者選抜に基づいて各校長が許可することとなりますので、詳細については、各学校にお問い合わせください。


N高等学校も多くは中学を卒業してN高等学校に入学したという生徒だと思われますが、中には高卒や大卒だけれどもカリキュラムに興味を持って入学したという生徒もいるのではないでしょうか。


中学への再入学は可能?

さて、上述は義務教育では無い高校の再入学についての話ですが、では義務教育である中学への再入学は可能なのか?
これまでだと直接的に法律で禁止されているわけでは無いのですが、公平性の問題もあり基本的に中学を卒業していた場合は15歳までの学齢期を過ぎた人達が通う夜間中学に入学を希望しても中学を卒業した事を理由に断られていたそうです*2


しかし、2015年7月に文部科学省からの通知により、諸事情により学校にほとんど通えず、学校側の配慮等により中学を卒業したようなケースなら夜間中学に入学出来るようになりました。
夜間中学、「形だけ中卒者」にも門戸 学び直す場に:朝日新聞デジタル

15歳までの学齢期を過ぎた人が通う「夜間中学校」に、不登校などで中学に通えず形だけ卒業した場合も入学できるようにする。文部科学省が30日、全国の都道府県教育委員会にそんな通知を出した。

■通知のポイント

不登校や虐待などで中学の大部分を欠席した場合、既卒者でも夜間中学に入学を認める

既卒者から入学希望があれば、市区町村教育委員会は記録をみたり卒業した中学に聞いたりして当時の出席状況を確認する

・出席日数が多くても保健室登校などで授業が受けられなかったり、記録が破棄されて確認できなかったりすることも想定されるので、本人から聞いて柔軟に判断する

・学び直しへの不安や進路に悩みを抱えている人も多く、きめ細かく対応する


ちなみに「夜間中学」とありますが、生徒により習熟度は全く異なる事情もあるため、授業はかなり柔軟に対応しているそうです。

夜間中学のご案内 あなたも通ってみませんか?(PDF)より。

Q1 小学校も休みがちで、夜間中学の勉強についていけるか心配なのですが、大丈夫でしょうか…?


A 夜間中学で学んでいる人達は、それぞれ背景が異なり、学力も一人一人違いますので、分かるところから学べるよう、習熟度によるクラス編成や補修を行うなど、様々な空をして授業が行われています。


諸事情により小学校や中学校に通えず、基礎的な学力に不安があるまま中学を卒業してしまったなら、高校に進学するのでは無く夜間中学で学び直すというのも選択肢の一つして考えてみても良いかもしれません。

*1:但し、自治体や高校によっては受験資格に年齢等の制限を設けている場合もあります。

*2:義務教育修了者が中学校夜間学級への再入学を希望した場合の対応に関する考え方について(通知):文部科学省